ハレと雨について

ブランドコンセプト

窓を開ければ、燦々と降り注ぐ日差し。
木漏れ日、耳をすませばそよそよと風に揺れる葉の音がきこえる。
こんないい天気の日は、新しい洋服を着て、外におでかけしよう。
なんだかイイコトがある気がする。

しとしとと降る雨の日。
どんよりとした空を見上げていたら、でかけるのは憂鬱になってしまったから、おうちでお気に入りのコーヒーを淹れて、ご機嫌な音楽をかける。
少し晴れ間が見えたと思ったら、外からは子どもたちがはしゃぎまわる声がきこえる。

もう私は子どもじゃないから、自分の機嫌は自分でとるの。
なんだかいまひとつな日も、お気に入りのワンピースを纏ったら、思わずでかけたくなる。
お気に入りの靴を履けば、きっとどこか素敵なところへ連れて行ってくれる。
晴れの日も雨の日も、楽しみを見つけて。
今日も幸せだったと思える1日に、きっと出会える。

日々の自然を見つめながら、ハレと雨は「毎日をちょっぴり楽しくする」そんなモノ作りを目指しています。

デザイナー

服飾専門学校を卒業したのち、デンマークのスカルス手工芸学校へ留学。 機織り、編み物、刺繍など手工芸全般を学ぶ。
帰国後、洋菓子店のインハウスデザイナー(DTP/Webサイト保守)を経験したのち、 活動に適した場所を求め、現在は高知県馬路村にて製作を行っている。

DTPのお仕事はこちら(現在準備中)